この記事に書いてあること

・Amazonアフィリエイトはほとんど稼げない

・アフィリエイトで大金を稼ぎたいのなら、高単価の商品を扱うことが大前提

 

上野です^^

ちょっと長崎方面に旅行に
出かけていたのですが、行ってみると楽しくて
思ったより長めに滞在してしまいました^^;

坂が多ばかりで何もないって聞いてたけど
そんな事なくって暮らしてみてもいいかな…って思えるほど。

 

旅行中は連絡は遅れぎみだったのですが
今週はずっと家で仕事してますので
メールはすぐに返せると思います^^

さて、今回の記事のテーマは
Amazonアフィリエイトについてです。

Amazonアフィリエイトで稼げるのか?

正直、僕はAmazonアフィリには反対ですね。

報酬額が低すぎて話にならない。
これやってる人たちって
何かの修行でもしているのでしょうか^^;

 

Amazonって配送業界に厳しい事で有名ですが
アフィリエイターにとってもいい取引相手とは
言えませんね。

アフィリエイターがAmazonのリンク張って
最終的に大きく得するのはAmazonだけって
仕組みになってますから、利用されるだけです。

 

実は僕もルレアのショートレンジとかで
実践したことがあるのですが、割に合わなすぎて
すぐに辞めてしまいました^^;

ちょっとした小遣い稼ぎにはなるかもしれませんが
報酬を10万とか20万とかに膨らませるのは
かなりのアクセス数が必要になって効率が悪すぎます。

 

これをちょっと見てみてください。
Amazonアフィリエイトの紹介料率です。

一番高いので10%ですが、ビデオやコインなんて売るわけないので
実質的には最高でも8%しかもらえません。

つまり、1万円の商品を売ったとしても
もらえるのはたったの800円。

 

もちろん、1万円の商品なんてそこまでの数は売れないわけで
メインの商品価格は3,000円くらいになるはずです。

すると、一個売ってもらえるのはたったの240円。

コンビニでバイトでも
やっていたほうがマシなレベルです^^;

 

一番売れる商品は日用雑貨品とか家電とかなのですが
だいたい3%から5%の商品になるので報酬はもっと低くなります。

当然ですが売れない商品ほど高めの報酬に
設定されているわけなのですが、それでもマックスで10%。

 

ASPアフィリでは一個売って3,000円の商品とかも
普通に置いてあるわけで、Amazonの報酬額なんて話になりませんね。

一個売って3,000円だったら、
一日3個売るだけで9千円。
一ヶ月で27万円です。

 

どう考えてもAmazonでアフィリをするよりも
高単価の商品を少なく売ったほうが賢いです。

報酬が10倍くらい違ってるのに
売る難易度はそんな大差ないですから^^;

 

しかも嫌なのが、Amazonでは一個の商品の報酬に
上限があるってところですね。
ひとつの商品につき1,000円以上は支払わせません。

仮に10万の商品を売ったところで
報酬は1,000円で止まるなんてやる気なくなります(笑)

大きく稼ぐのに大量のアクセスが必要になる

Amazonアフィリエイトで大きく稼ぎたいのなら
大量のアクセスがあることが前提になります。

もらえる報酬が少ないし、
どう頑張っても1,000円以上の報酬がもらいないなら
とにかく数を打つしかないわけです。

 

人気なのは今爆発的に検索されているトレンドキーワードで
記事を書いて、とにかく大量のアクセスを流し込む手法です。

瞬間的なアクセスの多いキーワードは

・芸能系のキーワード
・時事ネタ系のキーワード

この辺ですね。

 

これだったら、無属性に近いような薄いアクセスでも
数の力でむりやり成約させる事が出来ます。

ただ、そういう無色透明なアクセスはブログのファンになりにくいし、
ずっと記事を書き続けなけらばならない労働収入からは抜けられません。

 

これじゃあ、ブログを作った後は何もしなくても
勝手に収入が入ってくるようになるアフィリエイトの
醍醐味を味わうことができません。

毎日、暑苦しいスーツを着て汗水たらして
会社の奴隷として生きるサラリーマンと一緒です。

 

僕はそんな一日中働かなきゃお金にならないような
仕事なんてまっぴらごめんです^^

なので、最終的には少ないアクセスで
でっかい報酬を狙うスタンスに切り替えるべきです。

 

出来れば、一個売って4,000円くらいあれば上出来です。
それだと一日に2個売るだけで月収は24万円になる計算ですから^^

Amazonアフィリエイトのメリット

Amazonアフィリエイトにも
一応メリットらしいものはあります。

最大のメリットはAmazonに置いてある商品なら
ブログ読者が抵抗なく買えてしまえるというところです。

 

ネットで買い物をする層の人のほとんどはAmazonを
一度は使った事がありますからね。

一度、買い物をしたところだと安心して買い物できるし
Amazonというブランドも効いて気軽に買ってくれる傾向があります。

 

まぁ、Amazonはショッピングモールの店舗なのですし、
売っている業者の中には怪しげな中国業者とかもわんさかいたりするのですが、大抵の人はそんな事情は知りません。

それに、クッキー効果でリンクを一度踏ませると
その人が24時間以内に買い物をすると、自分の報酬になるというのも
地味に効きます。

 

自分のリンクを踏んだ人が全然関係のない商品を買っても
報酬になるわけですから、ブログに大量のアクセスを流して
とにかくリンクを踏ませると意外とラッキーパンチが当たったりします。

昔はこのシステムを悪用して
読者を騙してリンクを踏ませる手法が流行ったくらいですし
クッキー効果は意外とばかにできません。

 

統計からみても、明らかにAmazonのリンクは
その辺のまとめブログとかに乗っている弱小企業のリンクよりも
踏まれやすい特徴がありますし。

ただ、その辺りのメリットを考えても
「とにかく単価が低い」という絶望的なデメリットを
くつがえす事はできません。

 

よく言われているのは
「Amazonアフィリエイトのクリック単価は2円程度」ってこと。

ようは、1クリックあたりに見込める
報酬の事で、これはたとえ1,000回リンクがクリックされたとしても
2,000円ぐらいの報酬にしかならないという事です。

 

A8やバリューコマースのような
一般的なASPに置いてある商品でも
100クリックに一個くらいは売れます。

という事は、1,000回もクリックされてたら
本来なら10個は高単価の商品が売れていたということ。

一個3,000円の報酬なら
それで3万円稼げていたっと事ですかからね。

 

これはどう考えても
一般的なASPで勝負したほうがはるかに儲かるという事です。

どのようなジャンルの商品を扱えば
少ないアクセスで爆発的に報酬を膨らますことができるのかは
こちらのレポートに書いてます。


http://akak8822.com/merumaga
無料配布してますので、ぜひ読んでみてくださいね^^

それでは上野でした。