上野です。

 

アフィリエイトをいざ初めようとして、
最初に悩むのはジャンル選定。

 

「アフィリで稼いでく腹づもりは決まったけど、
何について書いていいか分からない…」という問題に直面します。

 

自分が何が分からないのかが
分からない段階ですね。

 

初心者向けの
アフィリエイトジャンル選定の方法っていうのは
大体決まっています。

 

だから、あなたがまだ自分は初心者であるという
自覚があるのであれば、
その手引きに従ってジャンルを選んでみてください。

初心者が参入するべきジャンルというものには2つ条件があります。

① 稼げるジャンルであること
② 興味が続きそうであること

の2つを満たさなけらばなりません。

 

一度ジャンルを決めてしまったら
そのジャンルに向けた情報発信を
数ヶ月単位で続けることになります。

 

ブログを育てて
「記事を積み上げていく」作業が
必要になるんです。

 

その記事を積み上げていく作業は
当然時間かかります。

 

後から、
「やっぱりこのジャンルにしとけば良かったかな…」と
思っても後の祭り。
1からやり直さなきゃいけなくなります。

 

一度決めてしまったら後戻り出来ないからこそ、
初心者のうちは素直に王道ステップを踏んで
選んだほうが”スベらない”というわけです。

① 稼げるジャンルであること

まず大前提なのが、
今から取り組むジャンルが稼げるかどうかです。
 

アフィリは選んだジャンルで収入の
「天井」が決まってしまいます。
なぜかってアフィリは広告代理業だから。

 

アフィリエイターの努力とは関係なく、
広告主が出せる広告費に限界があるので
参入した時点である程度の
「これ以上は稼げない上限」が決まってしまうわけです。

 

超ニッチなテーマを選んでしまうと
そのジャンルにおいては日本一位のブログなのに
月収は10万円くらい…といった事が普通に起こります。

 

広告費の枠が決まっている以上、
アフィリエイターがどう頑張っても
それ以上は稼げないわけです。

 

だからこそ、初心者は初めっから
「稼げると分かっているジャンル」に取り組んだほうが
逆により確実に稼げるわけです。

 

じゃあ、稼げるジャンルとは?

 

具体的にいうと
「市場が賑わっていて、選べる商品が多くライバルが稼いでいる」
ところです。

例をあげると

・スキンケア
・ダイエット
・精力剤
・白髪染め
・健康サプリメント
・・・などなど。

 

選べる商品数が多いにこしたことはないのは
すぐにお分かり頂けるはず。

 

肝心なのは「ライバルは稼いでいるか?」どうかです。

 

稼いでいる人が多いほど、
「稼げるということが前もって分かっているジャンル」
だからです。

 

こう言うとライバルが多いと競合が多くて
初心者は無理なんじゃないの?という疑問がわくはずです。

 

確かに、ライバルが多いとトップ10位に
これから目指すのは無謀だとしか言いようがありません。

 

ですが、トップ5,000位くらいなら初心者でも
すんなり入れてしまうのが今のアフィリエイト業界です。
上位5,000位でも月収10万円くらいは超えます。

 

ライバルが多いと稼げないのは
トップレベルのアフィリエイターと戦わないといけない
ブログ運営戦略をとっているから。

 

そんな激戦地でなくとも、
悩みの深い訪問者を少なく囲めば
月収30万くらいは余裕です。

 

後発組は上位表示 争いなんかしないで、
「悩みの深いユーザー」を集客できれば収入は堅く安定します。

② 興味があるジャンルであること

「稼げる事があらかじめ分かっているジャンル」の
候補がいくつかあがったとします。

 

そしたら、あなたが今後
続けられそうなジャンルを1つだけ選んでください。

 

ここで初めてあなたの主観が入ります。
そのジャンルを今後 数ヶ月単位で続けられそうかどうか?です。

 

ここでのポイントは
ほんの少しだけ興味があるだけでいい
というところ。

 

たいていの場合、稼げるジャンルをいくつか絞ったとしても、
そのジャンルに強く惹かれる…みたいな事はないからです。

 

むしろ、「そんな商品あったんだ」って
調べて初めて知ることのほうがほとんど。

 

というのも、ネットで売れる商品の特徴として
人に相談できない恥ずかしい事情が解決できる商品」だったり
リアル店舗で探してもなかなか見つからない商品」が売れる傾向があるからです。

 

あなただって精力剤とか、
どんなものがあるのかって普通知りませんよね?

 

つまり、今からあなたが取り扱うジャンルは
「その商品がネットで売れているものである」というを
リサーチして初めて知る事のほうが多いわけです。

 

普段の生活と全然 馴染みのないジャンルに
「強く惹かれる」といような事はほとんどありません。

 

だから、稼げるジャンルを絞ったら
「ほんのちょっとでも興味や関心のあるジャンル」
というものから選ばないと続かないわけです。

 

例えば、僕も看護師の転職案件は稼げるという話を
あちらこちらで聞くのですが、
やってみたいとは微塵も思っていません。

 

稼げるジャンルはいくつもあるわけなのですから、
調べるもの面倒くさいような関心が全くない分野には
手を出さないほうがいいです。

 

ネットで需要のある売れるジャンルの
自分が少しでも「続けられそう」な商品を選んで、
「悩み深い訪問者を少しだけ」ブログに流す。

 

これで月収30万円稼げるブログは作れます。

まとめ

アフィリエイト初心者は稼げる稼げないで
参入ジャンルを決める人がいますが、
それでは全く興味のない記事を数ヶ月書き続ける
無味無感想な日々を送り続けなければならなくなります。

 

逆に、「自分の意思で選んだジャンル」だったら
モチベーションも続きますし、
その分野に詳しくなっていくうちに
それなりに記事更新を楽しめるようにもなってきます。

 

ただし、自分のやりたい事だけを中心にブログを作っていくと
ラクかもしれませんんがお金にはなりません。

 

だからこそ
「稼げると分かっているジャンルの中から少しでも興味がわくジャンル」を
選ばないといけないわけです。

 

今からどの分野に参入しようか悩んでいるようでしたら、
「どのジャンルが稼げるのか?」を意識して選んでみて下さい。

 

次はジャンルとライバルの関係について説明します。
一般的にはライバルが多いジャンルほど稼ぎやすくなります。

次→ ライバルが多いジャンルは稼ぎやすい理由とは