上野です。

ブログを運営するうえで
避けられないのがキーワード選定。

 

記事を書いたら必ずタイトルをつけないといけないし
ブログの読者はキーワードを検索窓に打ち込んでやってきますからね。

 

どんなキーワードを使っているのか?で
どんな読者がやってくるのか?を推測するので
キーワード選定は絶対はずせないスキルなわけです。

キーワード選定を難しくしてる原因

そのキーワード選定が難しいと思っている人います。

その原因は
「自分の頭で考えようとしているから」です。

 

相手がどういうキーワードを打ち込むのかなんて
考えてぱっと思いつくようなものでもないから
調べない事には分かるはずもありません。

 

つまり、キーワードは
調べて見つけるもので
机の前でうんうんうなっても思いつきません。

ただ、ネット上をぼーっと眺めてみても
キーワードなんて無数にあるわけですし
ただ見てるだけじゃ情報の海に溺れてしまいます。

なので、
調べる時には最終的な自分の目標というものを
強く意識しなければなりません。

 

ブログを訪れた読者にどうして欲しいのか?です。

・商品を買ってもらいたいのか

・アドセンスを踏んでもらいたいのか

・メルマガに登録して欲しいのか

 

その最終目標から逆算して
どんなキーワードが使われているのかを調べるわけです。

 

例えば商品を買ってもらいたいとして
自分の売っている商品がダイエットサプリなのだとしたら
ダイエットに関するキーワードを集めると言った具合にです。

 

アドセンスで稼ごうとしているのなら
目的はアドセンスを踏んでもらう事ですので
とにかく目的はアクセスを集めること。

 

この場合にはどんなキーワードなら
多くのアクセスが集める事が出来るのか?
より需要のあるキーワードは何なのか?
をもとに調べていくわけです。

基本的な考え方

一番大事なのは、
そのキーワードを打ち込む人はどんな気持ちなのかです。

 

そのキーワードからその人が欲しがっていそうな答えを
記事にして適切に返していかなきゃいけないからです。

読者の求めていた答えと違った情報が
ブログ記事に書かれていたら
その読者はすぐにブログから離脱してしまいます。

 

グーグルは読まれない記事の評価を落とすので
読者の求めていない情報を載せてしまったら
記事はすぐに圏外に飛んで行きます。

 

なので、
キーワードを選ぶときに重要になるのは
どのくらい検索されているのかじゃなくって
「そのキーワードを打ち込む人はどんな情報を求めているのか」
なわけです。

選定のコツ

ここでキーワード選定のコツを紹介します。

それは、
キーワードを見つけたらあれこれ悩まずに
とりあえず記事を作ってしまうことです。

 

キーワードの需要というものは
ツールで調べることができますし

月に100回しか検索されないやつよりも
月に1万回検索されるキーワードを使いたいのは分かります。

 

ただ、キーワードプランナーみたいなツールが
吐き出したデータってものは正直あてになりません。

月間検索数が1,000回って出ていたのに
全然検索されなかったり。

 

逆に、全く検索されないと思っていた
キーワードが意外と検索されるって事もあります。

つまり、やってみないと最後にどうなるのかは
分からないわけです。

 

ここで「やった後にどうなるのか?」みたいに
努力と結果を天秤にかけるような事をすると途端に難しく感じてしまいます。

 

どんなアクセスが来るのか?
どのようなアクセスが来るのか?なんて

結局のところやってみないと分からないわけで
手を止めて考えても答えが出るわけありませんからね。

キーワード選定の流れ

まず考えるべき事は
さっきも話した通り最終的に自分はどうしたいのかです。

何かしらの商品を
売りたいのだったら
”どんな訪問者”をブログに引っ張ってくるのかを考えます。

 

もしダイエットの商品を売りたいのだったら
売りたい商品の商品ページを見て

そこに書いてあるキーワードをもとに
ダイエットに関心のある人をブログに集めるイメージです。

 

最終的な目的がアドセンスを
クリックしてもらう事だったら
とにかく検索需要の多いキーワードを狙います。

この時に重要なのは
”どのくらいの訪問者”をブログに集めるかです。

 

こんな風にひと言でキーワード選定といっても
最終的にどうしたいのかで選ぶ基準を変えないと結果が出ません。

 

逆にやるべき事が明確に決まっている場合には
そのターゲットが使いそうなキーワードを

調べながら片っ端からリストアップして
優先順位をつけたら後は記事を作るだけです。

 

記事を作らなければ
アクセスは入ってこないわけで
最低限のリサーチが終わった段階で

記事は作ってしまったほうが
あれこれ考えるよりもよっぽど成果は早く出ます。

 

それでは上野でした。